石野水産について
  • トップページ
  • ちりめんじゃこについて
  • 商品紹介
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 会社案内
石野水産 代表からのごあいさつ
広島県最南端の地鹿島で、祖父の石野吉左衛門が創業し80余年、ちりめん漁と、加工をさせていただいています。振り返ると、幼い時からちりめん漁に従事する家族を見て手伝ってきました。早いもので60年近くこの生業をしてきており私の人生そのものが、石野水産の歩みです。20代半ばで社長となり、経験も浅く先輩ばかりの中4隻の船を陣頭指揮し、漁の安全と良い魚質のものを捕るのに必死日々でした。試行錯誤の日々でしたが、支えてくれたのは加工場守る母と妻でした。新鮮さを損なわないよう、日々努力してくれ、今は熟練の技術と、経験を活かしつつ、近代設備の導入をすすめるなど、本当によくやってくれています。祖父が創業したのは、"家族で食卓を囲めるような仕事"という理由からでした。当初は家族で団結してできる仕事というとらえ方でしたがお客様と接していく中で、"お客様が食卓を囲む、お手伝いをする"仕事、"お客様の食卓に笑顔をお届けする"仕事という意味ということに気づき一生懸命"おいしいね"という笑顔を作れるちりめんを作ることを一番に考えて取り組んでまいりました。その取り組みのおかげで不況と言われ、本当に良いものが選ばれる厳しい時代ですが、その中でもお客様から喜んでいただけています。石野水産は、創業者の"食卓に笑顔をお届けする"という思いを引き継ぎ、さらに商品の開発・衛生管理、品質管理、技術、人材育成、サービスに務め、より一層の努力を重ねて参ります。

有限会社石野水産 代表取締役 石野初吉
経営理念
ちりめんじゃこでお客様の食卓に笑顔をお届けします。
ロゴについて
創業者石野吉左衛門の吉の字をとって創業以来、吉を末広がりの八をもじった山で囲った屋号で親しまれたきた。伝統の屋号はそのままに、ちりめん漁を80年以上も続けさせていただいているちりめんに敬意を表して、ちりめんで囲われているデザインとしたよく見るとちりめんの頭としっぽが見える。ちりめんも末広がりの八にちなんで八匹となっている。
会社概要
会社名 有限会社石野水産
代表 石野初吉
本社 〒737-1377 広島県呉市倉橋町鹿島17800
加工場 〒737-1377 広島県呉市倉橋町鹿島17683-2
第二工場 広島県呉市倉橋町17978-4
設立 1920年台後期 有限会社石野水産(平成14年4月1日)
資本金
事業内容 ちりめん、いりこの漁獲、製造、加工、販売
主要取引金融機関  呉農業協同組合 郵貯銀行
交通・アクセス

主要駅からの時間

広島空港から車で

呉駅から車で

広島駅から

2時間30分
1時間20分
2時間
  • トップページ
  • 商品紹介
  • ちりめん献立帖
  •   
  • お買い物はこちら